阿含宗の書籍「守護霊が持てる冥徳供養」

阿含宗の書籍「守護霊が持てる冥徳供養」 阿含宗の書籍

『守護霊が持てる冥徳供養』(平河出版社)は、阿含宗開祖・桐山靖雄大僧正の著書の1つです。本書では、守護霊を授かるために必須の正しい先祖供養である、「冥徳供養」について、詳しく説かれています。

前回ご紹介し阿含宗の書籍↓

阿含宗の書籍「守護仏の奇蹟」

『守護霊が持てる冥徳供養』とは

世間には、「誰にでも守護霊がいる」などと言う人がいます。しかし、それは全くの間違いです。なぜならば、

  • 人を守護できるほどの高級霊は高度の霊界にいる
  • 不成仏霊・霊障のホトケのいる人や家庭には、不浄を嫌って高級霊は降臨されない
  • 守護霊・守護神になっていただくには、特殊な法を施す必要がある

からです。

①はすぐに分かるでしょう。

また②についてですが、日本は仏教国とは言うものの、本当のお釈迦さまの成仏法は実践されずに来ました。そのため、どの人にも、その家庭にも不成仏霊・霊障のホトケがいるというのが現状です。ですから、高級霊は不浄を嫌って降臨されないのです。

③もすぐお分かりになるでしょうが、霊界におられる高級霊を現象世界へお呼びし、個人や家庭を守護していただくには、それなりの「法」を修する必要があるわけです。しかし、この法を修することのできるのは、現代では阿含宗のみといって過言ではないでしょう。

そこで、守護霊・守護神を持つためにまず必要なことは、不成仏霊・霊障のホトケを一掃することです。

そのために必要なのが、お釈迦さまの成仏法に基づいて行われる、

  • 解脱供養
  • 冥徳供養(冥徳解脱供養)

という二つの先祖供養法です。本書では、この冥徳供養を中心に、いかにして守護霊を持つかが詳しく説かれております。

この書籍の内容

『守護霊が持てる冥徳供養』は、

  • 第1章 先祖の助けをいただく冥徳供養
  • 第2章 こうして守護霊を持つ

の2章からなっております。

第1章では、冥徳供養の詳細な説明がなされております。昔から、「八方ふさがりでどうにもならなくなったら、先祖供養を行え」と言いますが、実際にその言葉通りに先祖供養を行って、事態が好転するという例は枚挙にいとまがないようです。逆に言えば先祖を正しく供養せず、ほったらかしにしているから、そのような八方ふさがりになったのだと言えるでしょう。

先祖の霊障などということを言うと、全否定する現代人は多いようですが、本書ではそのような人に分かりやすいように、運命分析と家族的無意識の先駆者である精神医学者、L・ソンディの学説と体験を引いております。

彼の説とは、「先祖の抑圧された欲求が、恋愛・職業・疾病・友人・死亡の形式を決定する」というものです。これはまさしく、霊障への科学的なアプローチと言えるでしょう。

「先祖の抑圧された欲求」とは科学的表現であり、これを宗教的に表現すれば「先祖の霊障」となるわけですが、これは科学的に解消することができません。これを解くことができるのは、

  • 解脱供養
  • 冥徳供養(冥徳解脱供養)

だけなのです。

特に守護霊・守護神を持つには、冥徳供養が必須であることが、本書の第1章で明かされております。

第2章では、守護霊を持つには、さらにいくつかの法が必要であることが説かれております。

本書を読んでもらいたい人

すぐに本書をお読みいただきたいのは、

  • 今、悩みや問題に直面している方
  • 霊障としか思えない災難に見舞われている方
  • 先祖の運命を反復していると推察できる方

などですが、それ以外にも、

  • 本当に先祖の障りなどがあるのか?
  • 霊障は科学的に証明できるのか?
  • 守護霊とはそもそもなんなのか?

と疑問を投げかける方も、ぜひお読みになることをお勧めします。

どのように役立つのか

困難な悩みの解決に必須の書でありますが、霊障というものを科学的に理解したいと思っている方にも、非常に役立つと思います。今ではL・ソンディについて話す宗教家もいるようですが、著者の阿含宗開祖・桐山靖雄大僧正は1975年発行の『チャンネルをまわせ』(平河出版社)で、日本の宗教家として最初にL・ソンディを紹介し、「家族的無意識」について言及しました。同書よりも『守護霊が持てる冥徳供養』は、さらに分かりやすくなっておりますので、よく理解することができると思います。

まとめ

『守護霊が持てる冥徳供養』は、守護霊を持つための前提として行われる冥徳供養について、初めて詳説した書籍です。守護霊をいただいて、苛烈な現代社会を生き抜きたい、とにかく自分と家庭の運を良くしたいという人は、ぜひお読みになるとよいでしょう。